HOME » 時間より質!?睡眠の質を高める方法 » 睡眠薬ってどうなの?
Sleeping pill

睡眠薬って
どうなの?

睡眠薬は質の高い睡眠に効果的?

不眠の対処法の一つである睡眠薬・睡眠導入剤は、質の高い睡眠をとるためにどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。このページでは、睡眠薬の効果や活用時の注意点などをご紹介していきます。

そもそも睡眠薬とは?

Seeping pill

睡眠薬は睡眠障害を改善するお薬

睡眠薬とは、強制的に眠りへ導く睡眠作用のある薬のことを言います。睡眠薬の特性は睡眠障害の改善であり、睡眠の質を向上させることが目的ではないそうです。
睡眠薬の種類は改善したい睡眠障害の症状によって、大きく2種類に分類することができます。ただ、「睡眠薬」「睡眠導入剤」と2つの名称については、違いが明確に決まっているわけではなく、医師によっても見解に違いがあるそうです。下記では一般的に言われている名称の分類で、2種類をご紹介します。

・睡眠導入剤(超短時間型・短時間型)…特に入眠させる力が強い薬で、即効性があるのが特徴です。寝付ききが悪い「入眠障害」の改善に用いられます。

・睡眠薬(中時間型・長時間型)…夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」や早朝に目が覚めてその後寝付けない「早朝覚醒」、寝ても熟睡感がない「熟眠障害」の改善に用いられるのが、このタイプの睡眠薬となります。薬効の作用時間が長いのが、この睡眠薬の特徴となっています。

市販病院で処方されるものとの違い

処方薬と市販薬ではどう違うのか

睡眠薬には、病院を受診して処方してもらうものと、ドラッグストアで購入できる市販のものがあります。処方薬と市販薬では、含まれている主成分に違いがあり、そのため睡眠のための働きかけも違います。
病院の処方薬の多くは「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬で、GABAという脳内神経伝達物質の分泌量を増やし脳の働きを抑制する効果があります。一方市販薬の多くは「ジフェンヒドラミン」が主成分となっていて、体を覚醒させるヒスタミンという体内物質の効果を抑制する働きがあります。
この効果の違いから、病院から処方された睡眠薬には、体を眠らせるための直接的な効果があるとされ、市販されている睡眠薬には、体を眠らせるための間接的な効果が期待できると言われています。

代表的睡眠薬

Typical
市販の睡眠薬(睡眠改善薬)

市販睡眠薬
(睡眠改善薬)

  • ドリエル
    ドリエル

    引用元:drewell
    http://www.ssp.co.jp/drewell/

    市販の睡眠薬の中ではポピュラーなお薬。ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した抗ヒスタミン製剤で、寝付きが悪い・眠りが浅いといった症状の緩和に効果が期待できます。

  • ウット
    ウット

    引用元:utto
    https://www.amazon.co.jp/dp/B009CN3KYE?tag=minacolor-article-2078-22

    主に精神の興奮や神経衰弱などからくる不眠症状に効果が期待できます。以前医療用であったブロムワレリル尿素配合のため、市販薬の中では薬効が強い薬だそうです。

  • レスティ錠
    レスティ錠

    引用元:restyl
    http://www.taisho.co.jp/company/release/2003/03_0318-j.htm

    イライラや不安を抑える働きのある9種類の生薬で、自然な眠りをもたらすことを目指したお薬。乱れた自律神経を整え、神経を穏やかにする効果が期待できるそうです。

病院で処方される睡眠薬(睡眠)

病院処方される睡眠薬
(睡眠)

商品名 主要成分名 作用時間

ハルシオン

トリアゾラム/ベンゾジアゼピン系

超短時間型睡眠薬

レンドルミン

ブロチゾラム/ベンゾジアゼピン系

短時間型睡眠薬

ユーロジン

エスタゾラム/ベンゾジアゼピン系

中時間型睡眠薬

フェノバール

フェノバルビタール/バルビツール系

長時間型睡眠薬

!

睡眠薬を服用する際に注意すべきこと

Important point

睡眠薬を上手に活用するための注意点

眠りに効果的な睡眠薬ですが、反面で処方薬・市販薬ともに副作用も指摘されています。処方薬には依存性・耐性・眠気・頭痛・筋弛緩・倦怠感などが挙げられ、市販薬には依存性・耐性・口の渇き・心拍数の増加・尿量の減少・便秘などが挙げられています。
こうした副作用をなるべく抑えて、上手に睡眠薬を活用していくためには、必ず医師の指示や用法・用量を守るというのが大前提です。自分の判断で薬を服用するのは、副作用の危険性を高めるだけになります。特に市販薬の場合、継続使用は避けるようにしてください。また、アルコールと一緒に睡眠薬を服用すると、効果が強く現れすぎてしまうため、非常に危険です。最悪、生命にも関わる重篤な副作用を起こす危険性も懸念されるため、絶対にお酒を飲んだときの服用はしないでください。

睡眠薬で睡眠の質は高くなるの?

睡眠の質の向上には薬よりリラックス

睡眠薬は、あくまでも睡眠障害を改善するためのお薬です。覚醒し続け興奮状態にある脳に直接的、または間接的なアプローチでほぼ強制的に眠らせる働きをしますので、自然な眠りへと導く働きとは少し違います。このような違いから、睡眠薬は睡眠の質を高めるためのものではないとされているのです。
睡眠の質の向上を考えるのであれば、睡眠薬だけに頼った対処法はNGということになります。まずは、睡眠環境や生活習慣を整え、脳をリラックスさせてあげるようにすることが、睡眠の質を高める第一歩です。ですが、睡眠障害の改善やこうした環境を整えても眠れないときには、睡眠薬の活用が効果的です。脳のリラックスと睡眠薬をバランス良く併用しながら、薬に頼らず自然の眠れる日を少しずつ増やしていきましょう。