Supplement

ヘルスエイド テアニン

作業などに由来する緊張感を軽減

睡眠サプリ「ヘルスエイド テアニン」は、作業などに由来する緊張感を軽減する機能を持った商品です。ここでは、「ヘルスエイド テアニン」の特徴や、口コミの評価についてまとめたものをご紹介します。

サプリのデータ

茶葉など食品に多く含まれる成分「L-テアニン」を配合。パソコンなど細かい作業による緊張感を軽減し心身共に休息させる「ヘルスエイド テアニン」の詳細をご紹介します。

 
商品名ヘルスエイド テアニン
販売元
(メーカー名)
森下仁丹
価格
通常
価格
4,320
定期
購入
3,456
容量
180粒(1日6粒 30日分)
配合
成分
  • でん粉

  • マルチトール/結晶セルロース

  • L-テアニン

  • ステリアン酸カルシウム

  • リン酸一水素カルシウム

公式サイト
www.181109.com
 

ヘルスエイド テアニンの口コミは?

仕事や作業由来による緊張感を軽減する「ヘルスエイド テアニン」を、実際に使用された方の口コミ評価をいくつかご紹介します。ぜひ睡眠サプリ選びの際の参考にしてください。

出産後の不眠症が改善してきました

お悩み出産後の不規則な睡眠時間で不眠症に30代

子どもを出産してから睡眠時間が不規則になり、それがきっかけで不眠症になってしまいました。睡眠薬よりもサプリメントの方が良いと思い調べて、この商品にたどり着きました。こちらを飲むようになってから、精神的にかなりリラックスできるようになってました。以前よりもきちんと睡眠がとれるようになっていますし、このまま続けていこうと思います。

仕事上のイライラがスッキリして楽に

お悩み仕事のストレスが強くあまり眠れない40代

会社では主にデスクワークを行っていますが、最近仕事で上手くいかなくてイライラが募っていました。就寝してもなんとなく目が冴えてしまい、あまりよく眠れないでいました。それが、こちらの「テアニン」を飲むようになってから、イライラした気持ちがスッキリ楽になり、眠れるように。今ではほんとに手放せない一品となっています。

少しリラックスできるような気がします

お悩み自律神経の関係か緊張が解けない20代

原因はハッキリしないのですが、自律神経の関係かいつも緊張している感じがずっと続いていました。眠りも浅いし辛いと思っていたので、緊張の緩和に効果があるというこちらの商品を試してみようと思いました。これを飲むと、少しリラックスできるような気がします。気のせいでも何でも良いので、効果があると感じているかぎり、続けていこうと思います。

飲むことでリラックスできてます

お悩み仕事の緊張感と高揚感で寝付けない30代

仕事上、緊張感を持って取り組むことが多く、一日中気を張っています。家に帰ってからも仕事の緊張感と高揚感が続き、なかなか寝付けないで困っていました。友人に相談したところ、この商品を勧められて飲んでみることに。3ヶ月ほど続けていますが、おかげさまで以前よりは家にいる時間を、リラックスした状態で過ごせていると思います。

緊張しやすい性格を直すために購入しました

お悩み緊張しやすく、あがり症である20代

小さい頃から緊張しやすく、人前に出るとすぐにあがってしまう性格を直したくて、緊張を和らげてくれるというこのサプリを購入しました。正直に言いますと、やはり生まれ持ったものですから劇的に変わったとは思いませんが、なんとなく以前と比べると緊張しにくくなってきたような気はしています。ですので、お守りという意味も含めて続けようと思います。

おすすめPOINT

緊張を緩和するL-テアニンに注目したサプリ

アミノ酸の一種で、茶葉にも多く含まれる成分「L-テアニン」は、作業などに由来する緊張感の軽減をもたらす効果が報告されています。心拍数を抑えるなど、健常な成人が成分を摂取することで、主観的・客観的な、心理的変化が現れたことが研究によっても発表されています。

「ヘルスエイド テアニン」は、機能性表示食品です。お薬ではありませんので、毎日摂取していただいても目安量を守っていただければ、特に問題はないとのことです。

製造元である森下仁丹では、「健康と共に安心と安全をお届けする」という健康理念を掲げています。独自のカプセル技術と原料の厳選など品質にこだわった製品を、毎日健康で過ごしたいと願う全ての方にお届けしています。

そのほかの特徴

一日の摂取量を守って飲むようにしましょう

「ヘルスエイド テアニン」の1日目安摂取量は6粒となっています。人によっては、これより少ない量でも効果を感じるとの報告もありますので、目安量を超えての摂取はオススメできません。また、機能性表示食品ですので、病気の治療・予防を目的とした商品ではありません。持病をお持ちでしたりお薬を服用されている方は、使用する前に医師か薬剤師に相談してからお試しするようにしましょう。また、摂取後に体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止して医師に相談してください。