HOME » ケース別に解説!あるある眠れないお悩み » 寝ている途中で目が覚める
Nocturnal awakening

寝ている途中で目が覚める

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒の原因と対策

「眠っている途中で目が覚めて眠れない」状態、いわゆる中途覚醒の原因と対策方法をご紹介。就寝前のアルコール摂取をやめるなど生活習慣の見直し方や、十分な睡眠を取れないことによる心身への影響もまとめています。

イメージ

夜中に目が覚めて眠れない
「中途覚醒」とは

Nocturnal awakening

夜中に目が覚めて眠れない

眠ることはできるけれども、寝ている途中で目が覚めてなかなか寝付けなくなる状態が「中途覚醒」。この症状が週に3回以上見られ、その状態が1ヵ月以上続くような場合、中途覚醒であると判断されます。若年層よりも高齢層に多く、40~50代でよく見られる不眠症の一種です。
睡眠が途中で途切れてしまうので熟睡感がなく、十分な休息がとれないため疲労やストレスが溜まりがち。また、中途覚醒の裏にはうつ病・睡眠時無呼吸症候群・脳変性疾患(脳卒中や認知症など)が隠れているケースもあるため注意が必要です。
ただし、ふと目が覚めてもすぐに眠れるタイプや、深く眠れるタイプの場合は、深刻な症状が出にくいので特に心配する必要はありません。

イラスト

考えられる中途覚醒の原因

Cause

入中途覚醒の原因には、実にさまざまなものが挙げられます。

寝酒が習慣となっている

就寝前のカフェイン摂取

ストレス・不安・悩みを抱えている

加齢

睡眠時無呼吸症候群・周期性四肢運動障害などの疾病

うつ病などの精神疾患

脳内物質セロトニン量の不足

夜間血糖値が不安定

ホルモンバランスの変化(生理前・妊娠中・育児中・更年期など)

運動不足

アルコールを摂取すると眠りやすくなると考えている方もいますが、これは間違い。アルコールを摂取すると約3時間ほどでアセトアルデヒドという毒素に分解されるため、血圧・体温・心拍数が上昇します。すると、喉が渇いて途中で目が覚めたり、眠りが浅くなってしまうのです。
深く眠ろうとしてアルコールの量を増やすと逆効果になるため、量を減らすことが改善への近道です。

!

中途覚醒が及ぼす影響

Infruence

入眠困難でどんな影響が出る?

睡眠の途中で目が覚めてしまうと、肉体的な疲労だけでなく精神的なストレスにも繋がり、日中の生活にも影響が出始めます。

集中力が散漫になる

運転・仕事中などに突然睡魔に襲われる

眠くて仕事・勉強が手につかない

ボーっとしていることが多くなる

イライラする

以上のように日中の生活に支障が出る場合は、仮眠が効果的です。仮眠を取るタイミングは、午前中などのなるべく早い時間が◎。時間的には、10~20分程度が妥当でしょう。短時間でも睡眠を取ることで頭がスッキリし、日中の行動に影響が出にくくなるようです。
ただし、夕方などの遅い時間に仮眠したり、寝すぎてしまうと夜に眠れなくなってしまうので注意しましょう。