効果

Effect

睡眠薬と睡眠サプリ、その効果は?

使用方法が似ている睡眠薬と睡眠サプリですが、内容は様々な面で異なっています。そこで以下のページでは、不眠症状に対する効果に注目し、体験者の口コミも合わせてその違いを比較して解説していきます。

(処方・市販)
睡眠薬・睡眠サプリ効果

Pill Supplement
イラスト

睡眠薬とサプリ~成分や効果の違いについて

不眠対策法として睡眠薬と睡眠サプリを比較検討する上で、まずはどんな成分が配合されていて、不眠に対してどんな働きが期待できるのか、それらの効果の違いについてご紹介していきます。

処方された睡眠薬の効果

Prescription
イラスト

医師が治療として処方する睡眠薬とは

現在、病院で処方されている睡眠導入剤は、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系・メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬が中心となっています。
中でもベンゾジアゼピン系の睡眠薬が主に処方されているそうで、脳の働きを抑制する神経伝達物質である「GABA」の働きを高め、深い睡眠を誘う効果が期待できます。
薬の種類としては「ハルシオン」「マイスリー」「レンドルミン」の3つが代表的。また、市販の睡眠薬ではこれらの成分は使用できず、医師による診断の上でしか利用することはできません。

市販睡眠薬の効果

Market
イラスト

薬局で購入できる睡眠薬とは

薬局などで購入できる市販の睡眠薬に含まれる成分は、抗ヒスタミン系と漢方薬の2つに分類することができます。抗ヒスタミン系の成分には、脳の覚醒を促す働きのある成分・ヒスタミンの効果を下げる働きがあります。そのため、眠気を引き起こす効果が期待できるのです。
また、漢方や生薬系の成分には、睡眠の質を良くするとともに精神を安定させる働きもあるそうです。仕事のストレスや女性ホルモンの乱れからくる、イライラや不安による不眠に対して効果的と言われています。

睡眠サプリ効果

Effect
イラスト

話題の不眠対策法・睡眠サプリとは

ドラッグストアや通信販売などで購入することのできる睡眠サプリメントは、睡眠薬に頼るのを躊躇している方に人気のある不眠対策です。配合されている成分も睡眠薬とは違い、自然のハーブ(植物)から抽出された栄養素が主ですので、分類は栄養補助食品となります。
睡眠に対する効果は、薬である睡眠薬に比べて緩やかで、即効性はあまり期待できません。長期間利用することで徐々に睡眠の質を向上させ、不眠の症状を改善していく対策法となっています。

それぞれの効果を口コミ検証

Kuchikomi
イラスト

口コミで検証する睡眠薬と睡眠サプリの効果

不眠の治療・改善方法として良く取り入れられる睡眠薬と睡眠サプリ。医者に処方された睡眠薬・市販の睡眠薬・睡眠サプリの3つを、それぞれ体験した方の口コミから、その効果を検証していきましょう。

・・・

処方された睡眠薬の口コミ

Kuchikomi
イラスト
イラスト
夜もすぐに寝れるようになりました

今うつ病の治療を受けていて、夜眠れないので睡眠薬を処方してもらっています。けれども最近寝付きが悪くなり、ハルシオンが追加になりました。お陰様で、夜もすぐに寝れるようになりました。

イラスト
イラスト
服用した方が睡眠の質が良くなります

私は不眠ではないのですが、毎日ひどく寝苦しく眠るのが怖いといった状態でした。そこでハルシオンをときどき服用するようになりましたが、服用しないで寝るよりも睡眠の質が少し良くなる感じがします。

イラスト
イラスト
処方された量を飲んでも寝られません

私は膠原病SLEで、よるなかなか眠れず病院でハルシオンを処方してもらっています。けれども、処方された薬の量を飲んでも寝付くことができないので、量を増やそうかと悩んでいます。

イラスト
イラスト
以前の不眠がウソのように眠れています

処方してもらったマイスリーを飲んだ後は、いつの間にか寝てしまうので飲んだらすぐにベッドに入るようにしています。今のところなんの問題もなく、以前の不眠がウソのように眠れています。

イラスト
イラスト
しっかり眠れるようになりました

マイスリーは効果の持続時間が短いと聞いていたのですが、最初は翌日も眠くて体がだるい日がありました。今はだいぶ慣れてきたからか、しっかりと眠れるようになったので安心しています。

市販睡眠薬の口コミ

Kuchikomi
イラスト
イラスト
眠れることは眠れます

眠れないことが多いので、ドラッグストアでドリエルを購入して飲んでみました。病院で処方された薬ではないので、眠れないこともたまにありましたが、大体は服用すると眠れました。

イラスト
イラスト
グッスリ眠れて朝も快適です

私はドリエルを飲んで1時間くらい経つと、ウトウトしてきます。そのまま眠ってしまうと、朝までグッスリ寝れるので助かっています。今のところ副作用もありませんし、朝も快適に目覚められます。

イラスト
イラスト
困ったとき用に常備したい薬です

すごく不規則な生活なので、夜眠れなくなることもしばしば。ナイトールを飲むと、寝付く寸前を覚えていないくらいグッスリできるので、どうしても困ったとき用に常備しています。

イラスト
イラスト
気持ちがいいくらいに眠れました!

環境が変わると眠れなくなるので、今回旅行のためにナイトールを購入しました。市販品ということであまり効果を期待していませんでしたが、びっくりするくらいすぐに眠ることができました!

イラスト
イラスト
スッキリ起きられてありがたい!

ストレスが溜まると悪夢ばかり見て、余計に疲れてしまいます。眠るために市販の睡眠導入剤(ドリエル)を飲んだところ、見た夢を忘れていてスッキリと朝起きられたのがありがたかったです!

睡眠サプリの口コミ

Kuchikomi
イラスト
イラスト
久しぶりに熟睡できるようになりました

モニターでいただいたテアニン快眠粒を飲んでいます。寝付きが悪く眠りが浅い私には良かったみたいで、久しぶりに熟睡できました。効果には変動がありますが、熟睡度や起きたときのすっきり加減が違います。

イラスト
イラスト
寝付きの悪い方におすすめです

体は疲れているのに寝付きが悪いので、テアニン快眠粒を試してみることに。飲むことで自然と眠れるようになり、朝もスッキリしています。私のように寝付きの悪い方におすすめだと思います。

イラスト
イラスト
睡眠は質だな、と実感しました

睡眠不足改善にテアニン快眠粒を飲み始めてから、夜中に目が覚める回数が減りました。熟睡できているようで、朝もかなりスッキリ起きられます。本当に睡眠は質だな、と実感できました。

イラスト
イラスト
体が軽く感じられました

昔から熟睡できない性質で朝がつらく、サプリなら安心かなと思ってグリナを飲んだところ、翌朝体が軽く感じられました。それからは、よく眠りたいときに飲んでから寝るようにしています。

イラスト
イラスト
アミノ酸の効果を始めて知りました

睡眠不足なので、お試しで始めてみました。私にとって疲労回復のお守りだったアミノ酸に、こんな睡眠効果があるとは始めて知りましたが、飲んで寝ると確かにあーよく寝た!と感じられます。

まとめ

不眠の症状によって使い分けましょう

睡眠薬と睡眠サプリを比較すると、入眠効果としてはやはり睡眠薬(特に病院の処方薬)の方が高く、睡眠サプリメントの方が効果は緩やかのようです。睡眠薬に抵抗感をお持ちの方が多いですが、症状が重い場合はやはり病院を受診して、睡眠薬を処方してもらう方が、不眠状態を改善するのに効果的と言えるでしょう。睡眠サプリは薬ではない分安心感はありますが、効果には個人差があるようです。