HOME » ケース別に解説!あるある眠れないお悩み

ケース別に解説!
あるある眠れないお悩み

Worry

あなたがお悩みの不眠ケースは?

一言で不眠といっても、その症状には様々なケースがあります。そこでここでは不眠にお悩みの方に向けて、不眠症状をケース別にご紹介し、それぞれについての基礎知識をまとめ解説していきます。

すぐに眠れない

布団に入ってもなかなか眠れないケース

寝付きが悪く、夜寝ようと思って布団に入っても、なかなか眠る事ができない。これは不眠症状の中の「入眠困難」というケースに該当します。このページでは、入眠困難とはどんな不眠症状なのかについて、そのメカニズムや考えられる原因・対策法などについて解説していきます。

夜中に何度も目が覚める

夜中に何度も目が覚めてしまうケース

一度眠っても、夜中に何度も目が覚めてしまい、しっかりと眠る事ができない。これは、不眠症状の中の「中途覚醒」というケースに該当します。このケースの場合、睡眠障害の他にも頻尿など、他の病気が隠れている事も考えられます。このページでは、「中途覚醒」の具体的な症状や、発症してしまうメカニズムについてご紹介していきます。その上で考えられる原因や、改善していくために有効と思われる対策法についても、一緒に解説させていただきます。

ぐっすり寝た気がしない

起きてもぐっすり寝た気がしないケース

朝目が覚めても、ぐっすりと寝た気がしない。つまり、睡眠の満足度が低い方は、不眠症状の中の「熟眠障害」というケースに該当します。このケースの場合、朝起きてもスッキリとせず、体に疲労が残ったまま1日を過ごすなど、日中の生活に支障をきたしやすいとも言われています。そこでこのページでは、「熟眠障害」とはどんな症状なのかについて、そのメカニズムや考えられる原因、改善のために有効と思われる対策法などをご紹介していきます。

眠いのに眠れない

眠気は感じているのに眠れないケース

眠気を感じて布団に入っても、寝付く事ができない。そんな不眠のケースでは、不安によるストレスで精神的な緊張状態が続いていて、脳がリラックスできずに眠りに入る事ができないと考えられます。そこでこのページでは、こうした精神的な緊張による具体的な症状とそのメカニズム、考えられる原因についてなどの詳細を解説していきます。それと合わせて、症状を緩和して改善へと導くための有効な対策法についても、いくつかご紹介していきます。

疲れているのに眠れない

体は眠りたいのに寝付けないケース

体は疲れていて横になりたいのに、お布団に入っても目だけ冴えてしまい寝付けない。こうしたケースの場合、自律神経のバランスが乱れていて、脳が興奮状態になったままリラックスできていない状態にあると考えられます。これでは、いくら体が睡眠を欲しても、質の高い睡眠は望めません。このページでは、眠いのに眠れない不眠のケースで起こりうる具体的な症状や、考えられる原因について解説していくとともに、有効と思われる改善法についてもご紹介していきます。

気が高ぶって眠れない

気持ちが落ち着かず眠れないケース

イライラしたり、気分が高ぶって落ち着かず、目が冴えて眠れない。こうしたケースの場合でも、脳の興奮状態が治まらないために、リラックスできず眠りに入る事ができないと考えられます。そこでこのページでは、仕事のストレスなどが大きな要因の一つと言われるこのケースで起こる、具体的な不眠症状や考えられる詳しい原因などについて、解説していきます。また同時に、不眠症状を改善させるのに有効と思われる対策法についても、合わせてご紹介していきます。

眠りにくさに年齢が関係しているケース

30代以降では、加齢が原因で「なかなか眠れない」「朝早く目が覚めてしまう」といった睡眠の悩みを抱える人が多くいます。このページでは、年齢とともに重くなる入眠困難の症状や原因、不眠が心や体に及ぼす影響についてご紹介していきます。

眠たいのに二度寝もできないケース

予定の時間よりもかなり早い時間に目を覚ましてして、もう一度寝られない症状「早朝覚醒」。十分な睡眠時間が取れないため、日中の活動に大きく影響します。このページでは、ストレスや疲労、体温変化が引き金となって自律神経が乱れることで起こる早朝覚醒についてご紹介していきます。

考えこんでしまって寝付けないケース

毎日のストレスの蓄積やショックな出来事と直面したことをきっかけに、不眠の症状がでる場合があります。不眠の原因がストレスにあると、集中が途切れやすくなったり、判断力が鈍ったりと、日常生活に大きな影響を及ぼす可能性が。このページでは、物理的・精神的ストレスとうまく付き合い睡眠の悩みを解消する方法をご紹介していきます。

概日リズムがずれることで眠れなくなるケース

概日リズム睡眠障害には7つの種類があり、それぞれで原因は異なりますが、そのほとんどが「概日リズム」という体内時計がずれてしまうことから引き起こされます。概日リズム睡眠障害では、日中の眠気や集中力の低下などの症状が現れ、症状が重くなると吐き気や下痢などが起きる場合もあり、社会生活が困難になる可能性も。 ここでは、概日リズム睡眠障害の原因と対策についてご紹介していきます。

女性特有の原因で眠気に悩まされるケース

女性の方で「寝ても寝ても眠い」とお悩みの方はいませんか? 実は、そういったお悩みは女性特有の原因によって引き起こされている可能性があるのです。女性には出産に関わる機能によってホルモンバランスが大きく変化する機会がたくさんあり、それが睡眠にも影響を与えています。そのメカニズムや解決方法を詳しく解説いたします。

毎日の育児と睡眠不足で、疲れが溜まってしまうケース

小さな子供の世話や家事に追われ、子育て中の女性は大変な毎日を送っていることでしょう。にもかかわらず、子供はなかなか寝てくれず、睡眠不足のせいで疲れは溜まるばかり。そんな悩みをどうやって解決していくか、様々な角度から検討していきましょう。

更年期障害の症状として睡眠障害があらわれるケース

更年期障害によってホルモンバランスや自律神経が乱れてしまい、うまく眠れなくなってしまうことがあります。そのメカニズムを理解し、悩みへの対策方法を検討していきましょう。

起きようと努力しているのに、どうしても起きられない主婦のケース

主婦にとって、朝の時間はとっても重要。やることは山ほどあるのに、どうしても起きられない……そんな悩みをお持ちの方は、睡眠障害の可能性があります。一体どんな対策が有効なのでしょうか?