Supplement

テアニン快眠粒

夜間の健やかな眠りをサポートする

睡眠サプリ「テアニン快眠粒」は、睡眠の悩み解消のための新素材として話題の「テアニン」を配合。ここでは、起床時の疲労感や眠気の軽減などといった商品の特徴や、口コミ評判をまとめたものをご紹介します。

サプリのデータ

高級茶に多く含まれる健康成分「テアニン(L-テアニン)」の効果で、夜間の健やかな眠りをサポート。起床時の疲労感を軽減する「テアニン快眠粒」の詳細をご紹介します。

 
商品名テアニン快眠粒
販売元
(メーカー名)
DMJえがお生活
価格
通常
価格
4,800
初回
半額2
,400
定期
(毎月)
3,840
定期
3ヶ月
3,720
容量
1袋124粒(1日4粒目安で約1ヶ月分)
配合
成分
  • でん粉/L-テアニン

  • 結晶セルロース

  • ステアリン酸カルシウム

  • リン酸一水素カルシウム

公式サイト
www.dmjegao.com
 

テアニン快眠粒の口コミは?

睡眠サポートサプリ「テアニン快眠粒」について、実際にお試しされた方の口コミ評価をいくつか集めてみました。サプリメントを選ぶ際のご参考に、ぜひお役立てください!

朝起きてからの眠気がスッキリ!

お悩み眠気が取れず、日中に眠くなることも。60代

朝起きてからもなかなか眠気が取れず、日中もウトウトしてしまうことが悩みの種でした。何か良いものはないかと探していたところ、こちらのサプリメントを知り飲み始めたところ、朝からあった眠気がスッキリするように!日中に眠くなってしまうことも減りましたし、1日を快適に過ごせるようになりました。本当にテアニンの効果を実感しています。

仕事中のいらいらが減り、毎日リラックス!

お悩みパソコンでの仕事でイライラが酷い50代

仕事でパソコンを使うことが多いのですが、とにかく仕事中にイライラすることが多く、気が滅入る毎日を送っていました。そんな時、知人から「テアニン快眠粒」を紹介してもらい、イライラにも効果があるというので試してみることに。はじめは半信半疑でしたが、続ける内によく眠れるようになり、毎日リラックスできるようになり、仕事中のイライラも減りました。今は、自然と笑顔も増えています。

久しぶりに睡眠で体が休まりました!

お悩み寝ても疲れが取れず、寝た気がしない40代

最近、寝ても寝ても起きた時に疲れが取れず、寝た気がしない日々が続いていました。どうにかしたいと思っていたところ、こちらの「テアニン快眠粒」のことを知り、寝る前に飲む習慣をつけたところ、朝から爽やかに起床できるように!こんなに睡眠で体が休まったと実感したのは本当に久しぶりで、飲んで良かったと思っています!

眠りが浅い私には合っていると思います

お悩み寝付きが悪く眠りが浅い30代

私は普段から寝付きが悪い上に眠りが浅いのが悩みでした。このサプリに配合されているテアニンという成分には、リラックス効果があって寝付きやすい状態に導いてくれるということなので、試してみることに。久しぶりに熟睡できたと感じたので、私には良かったようです。あくまでサプリなので日々変動はありますが、飲むと飲まないとでは熟睡度や寝起きのだるさが違い、眠りをサポートする効果はあると思います。

適度に効果を感じられたので良かったです!

お悩みいつも緊張状態が続いて眠りが浅い30代

交感神経と副交感神経の切り替えが苦手なようで、いつも緊張した状態で眠りが浅く、2時間ごとに起きてしまうということも良くあります。でも、こちらを飲むようになってから3日目あたりに、結構すーっと入眠できたのが印象的でした。疲れが劇的に取れるとか、がっつりと深い眠りが得られたというわけではないですが、適度に効果を感じられつらいということもないので良かったです。

おすすめPOINT

L-テアニンがストレスを緩和し睡眠をサポート!

主成分であるテアニン(L-テアニン)は、睡眠の悩みを抱えた方から人気が高まっている話題の新素材です。玉露などの高級茶に多く含まれる健康成分で、起床時の疲労感や眠気の軽減に効果があると報告されています。

最近の研究では、テアニンにはストレスを和らげる効果もあることが判明。パソコンなど一過性の作業によるストレステストで、見事にストレスが軽減したとの報告もあります。つまり睡眠だけでなく、イライラやもやもやなどストレスが気になる方にも効果が期待できる成分なのです。

「テアニン快眠粒」は、科学的な研究データに基づき消費者庁で受理された機能性表示食品です。お薬ではありませんので、毎日飲むことのできるサプリメントです。

そのほかの特徴

バランスの良い食生活と用量を守った摂取を!

「テアニン快眠粒」は、L-テアニン含有加工食品です。ストレスを和らげ睡眠をサポートする効果が期待できますが、目安量より多く摂取しても、持病の治癒やより健康が増進するとうことはありません。持病をお持ちの方で薬を服用されている方は、医師や薬剤師にご相談してください。また、未成年や妊産婦(授乳中の方を含む)の方や、原材料にアレルギーのある方も注意が必要です。体質や体調に合わない場合は、摂取するのを控えてください。効果を正しく得るためには、バランスの良い食生活を基本に、用量を守って摂取しましょう。