HOME » ケース別に解説!あるある眠れないお悩み » 気が高ぶって眠れない
Intention is conceited

気が高ぶって眠れない

気持ちが高ぶって眠れなくなる症状とは

布団に入ってもイライラが治まらなかったり、急に強い不安感に襲われて眠れなくなる。こうした、神経過敏による不眠症状について、その事例や考えられる原因・対策法などについて解説していきます。

気持ちが高ぶって眠れない事例を紹介

Case

神経が敏感になり、気持ちが高ぶって眠れなくなるという症状にお悩みの方は、どのようなきっかけで発症してしまったのでしょうか。それでは、実際にお悩みの方の体験談をのぞいてみましょう。

体験談01

普段と違う事をしただけで眠れなくなる

僕の場合、不安や嫌な事があって眠れなくなる、というのではなく、いつもと違う事をしただけでその夜は眠れなくなります。日常のスーパーでの買い物などはさすがに平気ですが、普段とは違う場所で買い物をしたりすると、かなり高い確率でその夜は眠れなくなります。自分では平静なつもりでいても、無意識な神経レベルで興奮している事があるようです。

体験談02

就寝前の夫婦げんかでますます眠れなくなった

もともと寝つきが悪く外部刺激で起こされると眠れなくなるため、夫にも私が寝ると言ったら邪魔しないように、とお願いしていました。ところが、遠距離生活中の夫はあまり重要視していなかったのか、度々夜中にメールをしてきます。その度に夫婦げんかとなり、私は怒りと興奮でその後も気が高ぶってますます眠れなくなる、という悪循環を繰り返していました。

イラスト

気持ちが高ぶって眠れないのは、
何が原因?

Cause

神経過敏による不眠で考えられる原因

気持ちが高ぶって眠れなくなる、そんな神経過敏による不眠症状が起こってしまう原因として、現在考えられているものをご紹介しましょう。

ストレスが原因…

あらゆる不眠に共通した原因が、このストレスによるものです。仕事のプレッシャーや会社・家庭・学校の人間関係など、日常的に受けるストレスが徐々に溜まっていく事で、ある日突然のように神経過敏などの症状が発症すると言われています。ストレスの怖いところは、積み重なっている意識がほとんどなく、何らかの症状が出るまで気づかない事が多いというところです。

パソコンやスマホが原因…

パソコンやスマホは大変便利で、現代の生活では欠かせないものとなっています。簡単に素早く情報を仕入れる事ができますが、次から次へと新たな情報が目に入ってくる事で、脳が処理できる情報量を超えてしまい疲労しきってしまうのです。すると、判断力や作業効率が低下し、そのことにイライラが溜まるとともに、画面の光(ブルーライト)の刺激で脳が興奮状態であり続けてしまうので、神経過敏を引き起こすようになると考えています。

非日常的な出来事が原因…

いつもとは違う行動をとったときも、神経が高ぶってしまう要因となります。例えば、楽しみにしていた事が明日に控えている、すごく欲しかったものが買えたなど、マイナス感情に限らずプラス感情でも、気分が高揚する出来事によって脳が興奮状態になり、眠れなくなる事もあるそうです。

!

すぐに始められる対策

Counterplan

気持ちを鎮めて眠りを誘うおススメ対策法

神経が過敏になり、気持ちが高ぶって眠れないのであれば、まず気持ちを鎮める事が眠るために必要となります。布団に入っても眠れないのであれば、思い切って布団から出てちょっと他の事をしてみましょう。
例えば、ゆったりとした音楽を聴きながら読書をする、深呼吸をしながらヨガや軽いストレッチをするなどして過ごすのも、リラックスには効果があるとされています。
また、ホットミルクやハーブティーなど、リラックス効果のある飲み物を飲む、睡眠サプリを活用するなども、興奮した脳を鎮めて自然な眠りを誘うのに有効です。ただし、起き出してパソコンやスマホを操作するのは、かえって脳の興奮を高めてしまう事になるので、不眠の対策には活用しないようにしましょう。