HOME » ケース別に解説!あるある眠れないお悩み » 年を取ってから眠れなくなった
Asing

年を取ってから眠れなくなった

30代以上になってからの不眠の悩み

年を取るにつれて眠れなくなった」「朝早くに目が覚めるようになった」という悩みを持つ人は多いものです。ここでは加齢と不眠の関係について調べて、対策を説明しています。

イメージ

加齢・更年期に見られる
「眠れない」症状

Asing

加齢によって引き起こされる入眠困難

「年を取るにつれて眠れなくなった」「朝早くに目が覚めるようになった」というタイプの不眠はよく見かけます。10~20代は一般的に寝つきがよいと言われていますが、30代になると深い眠りが取りにくくなり、40代では睡眠に対する満足度が著しく低下。50代以上になると、何らかの睡眠障害を訴えるケースが多くなります。女性の場合は、更年期(閉経をはさんだ前後10年間)に不眠の症状を訴えることが多いようです。

早朝に目が覚めて眠りが浅くなる

手足が冷えてなかなか眠れない

夜間に急にのぼせる(ホットフラッシュ)

寝汗で目が覚める

閉経後の方が睡眠障害は増加し、不安や焦り・更年期うつなどの症状が絡むと、より不眠の症状は重くなると言われています。

イラスト

考えられる原因?

Cause

加齢と共に不眠の症状が増えてくるのには、以下のような原因が挙げられます。

日中の運動量低下

生活サイクルの変化

メラトニン分泌量の減少

持病

頻尿

服用している薬の影響

さらに、女性によく見られる更年期も不眠の原因です。女性ホルモンであるエストロゲンは睡眠と深い関係性がありますが、更年期に入るとこの量が急激に減少。すると、エストロゲンの分泌を司る視床下部が混乱し、自律神経のバランスまで崩れてしまうのです。

ホルモンバランスの他にも、身体の変化・家庭環境の変化(子育てが一段落する・夫の定年)・体内時計の変化・親の介護など、更年期によく見られる問題も不眠の引き金となっています。

!

不眠が心身に及ぼす影響

Infruence

加齢による不眠でどんな影響が出る?

年齢と共に眠りが浅くなったり、起床時間が早まるのは当たり前のこととされているため、加齢に伴う不眠は周囲に理解されにくいのが現状。とくに、更年期の辛さは他人に伝えにくいため、ストレスが溜まって不眠症が悪化したり、更年期うつなどの症状を引き起こすこともあります。
更年期うつになると不眠だけでなく、重度の憂鬱感・無気力・倦怠感・食欲低下などの症状に悩まされることもあり、日常生活に多大な影響を及ぼすので注意が必要。人によっては、自殺願望が強まる傾向もあります。
不眠に悩まされている更年期の方は、不眠が解消されて十分に睡眠・休息が取れるようになると、更年期症候群そのものが改善されていくケースもあります。たかが睡眠と思わず、なるべく早い時期に適切な対応を行いましょう。