HOME » レベル別 眠れないときの対処法 » サプリメントの活用
Supplement

サプリメントの活用

サプリメントで内側から不眠対策

眠れないときの対処法には、音楽やグッズなど外側の環境を整えるものと、体の内側の環境を整えるものがあります。でも、不眠を根本的に改善するなら、おススメとなるのは内側からの改善法。ここでは、そのひとつであるサプリメントについてご紹介します。

サプリメントという選択

サプリメントという選択

薬ではなくまずはサプリメントで

最近ではドラッグストアなどで、手軽に購入できる睡眠導入剤もありますが、薬に頼るのはちょっと怖い、という方も決して少なくはありません。でも、運動や食生活の改善よりも手軽に不眠対策がしたい、という方におススメなのがサプリメントの活用です。
1日に決められた量を摂取するだけですから面倒はありませんし、栄養補助食品ですので薬のような副作用や依存性の心配はほとんどないのが魅力。最近は様々な種類のサプリが提供されていますので、自分に合ったものを取り入れ、内側から不眠対策を行っていきましょう。

サプリメントがいい理由

食品だから安心して続けられる

不眠を根本から改善していくためには、私たちがもともと持っている自然に眠る力(睡眠ホルモン)を高める必要があります。睡眠サプリメントは、この睡眠ホルモンを増やすのに必要な栄養素を配合することで、体を内側から自然に眠れるように改善させる効果が期待できるのです。

睡眠導入剤などのお薬は、体を眠らせる効果は非常に高いですが、その分依存性や副作用の心配も高いというデメリットがある場合も。その点サプリメントは、食品ですのでそういったデメリットの心配はほとんどありません。安心して毎日とることができるので、体を内側から改善していくのにとても適しています。

自分に合ったサプリメントを見つけるには

自分の悩みに合った効果・効能のものを選ぶ

手軽に内側から眠る力を引き出すサポートをしてくれる睡眠サプリメントは、さまざまな商品が販売されています。ひとくちに睡眠サプリメントといっても、誰にでも合うものではなく、それぞれの悩みや体質に合ったものを選ぶ必要があります。

以下は睡眠サプリの成分と効果の一例になります。

テアニン
イラスト

気分を落ち着かせるお茶のアミノ酸

テアニンは、主にお茶に含まれるうまみ成分となるアミノ酸です。摂取すると脳にアルファ波が現れることが確認されており、リラックス効果が高い成分として知られています。睡眠に関しては、中途覚醒の減少・目覚めのスッキリ感・熟睡感が得られる効果が報告されており、憂鬱やイライラの改善にも有効とされています。

グリシン
イラスト

ノンレム睡眠を増やして睡眠の質を改善

グリシンは、甘みとうまみ・静菌作用を持っているアミノ酸の一種で、調味料や保存料として使われる食品添加物でもあります。睡眠に対する効果としては、グリシンの血管を広げる作用で血流量が増え、体の表面温度が上がることで深部体温が下がるため、入眠を促しノンレム睡眠の時間が増えるとされています。

トリプトファン
イラスト

精神を安定させ寝つきを良くする

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、体には必要な栄養素です。トリプトファンは摂取して脳に運ばれると、睡眠ホルモンのセロトニンを作る原料となります。セロトニンは興奮や不快感を鎮めて精神を安定させ、寝つきを良くするという睡眠効果が認められてるため、トリプトファンも不眠対策に有効といわれています。

GABA
イラスト

脳の興奮を抑えてリラックスさせる

GABAは、脳や脊髄の中枢神経に多く存在している天然アミノ酸の一種で、興奮を抑える働きをしています。精神的な安定をもたらしますので、ストレスの緩和にも効果を発揮し、眠りに必要なリラックス状態に脳を導く効果があるとされています。また、血圧を下げる・コレステロールや中性脂肪を抑える効果も期待できます。

以上に挙げました成分は、いずれも睡眠の質を向上させるのに有効な成分として、数多くの睡眠サプリに採用されています。最近では、この中のグリシンとテアニンが特に注目されてきています。

また、サプリの中には、睡眠の質向上だけではなく、不眠による肌荒れや、ストレスの緩和が期待できる成分を同時に含んでいる場合もあります。睡眠と一緒に自分の気になる症状を改善できる睡眠サプリを選んでいきましょう。

配合されている成分やその含有量をしっかり確認する

自分の悩みに合った効能のサプリが見つかった場合、まずどのような成分が配合されているか確認してみましょう。その成分がどの程度配合されているか成分表などを見ることも重要です。

サプリの中には、大々的に「〇〇成分が豊富」と銘打っているものもありますが、実際に効果の出る量が配合されていない場合もありますので注意してくださいね。

自分が飲んで安全なものかどうか

サプリは薬ではないため、体に良くて副作用がないと思われがちですが、場合によっては身体に害となることもあります。たとえば、植物成分が豊富なものの中には、体質によってはアレルギー症状を引き起こす可能性もありますし、妊娠・授乳中には飲まないほうが良いものもあります。

また、薬やほかのサプリと併用することによって特定の成分を過剰摂取してしまい、健康被害が生じる可能性もあります。

サプリは手軽に購入できるため、そういった危険性は自分で回避する必要が出てくるのです。

継続しやすい価格や飲みやすさか

サプリは体の中から少しずつ改善するものが多いので、一度の使用では効果を感じられないことも多いものです。そのため、しっかり効果を感じるためには継続して飲み続ける必要があります。そうなると気になるのが価格や飲みやすさです。使用している原料によっては、高価になるサプリもありますので、継続的に購入できるかどうかも重要でしょう。

また、サプリは錠剤のものが多いですが、粉末のものや水に溶かして飲むドリンクタイプのものもあり、風味や飲みやすさも継続できるかどうかに関わってきます。

飲むのが苦痛になって、せっかく買ったのに飲まないままでいることのないよう、お試しやサンプルを利用したり、定期便でお得に購入したりするなど、いろいろなパターンを想定してみてください。

サプリメントを活用している方の声

睡眠を改善するのに有効な対策法とされるサプリメントですが、実際にはどんな感じなのかを知るために、サプリメントで不眠対策をしている人の口コミを集めてみました。

  • イラスト
    Aさんの場合

    続けるうちに変化がわかるように

    しっかりと眠れないのが悩みで、改善のためにサプリメントを飲み始めました。2~3日は変化があるのか定かではなかったのですが、1週間ほど続けてみると変化がわかるようになりました。今はかなりしっかり眠れるようになり、体調が良いのが見た目にも現れています。

  • イラスト
    Bさんの場合

    しゃきっと朝を迎えられています

    ちょっとしたことでも目が覚めてしまい、毎朝起きるのが辛いので、仕事のための体調管理にと、サプリメントを飲み始めました。今では朝までしっかり眠れるようになり、しゃきっと朝を迎えられるようになって助かってます。サプリメントで体質が改善し、ずいぶん楽になりました。

  • イラスト
    Cさんの場合

    翌朝の疲れが全然違います

    最近寝付きが悪くなり、休息まで時間がかかっていたので、評判だったサプリをお試しで購入してみました。すると、前よりもスムーズに眠れるようになり、休息の質が良くなった気がします。良く休むことができるだけで、翌朝の疲れが全然違うのを実感しています。

  • イラスト
    Dさんの場合

    更年期の不眠にも効果がありました

    更年期に入り、寝付きが悪く夜中に何度も目が覚めるようになってしまいました。薬は副作用が怖かったので、サプリメントで対策することに。時間はかかりましたが、ぐっすり眠れるようになりました。夜中に目が覚めることも少なくなり、朝スッキリした感じで起きられています。

  • イラスト
    Eさんの場合

    スッキリ寝れるようになったのが嬉しい

    体は疲れているはずなのに眠れないのが悩みでした。改善できるならとサプリメントを飲み始めたところ、3ヶ月経った頃からすんなり寝れるようになりました。薬ではないので、毎日快適に眠れているわけではありませんが、以前よりは格段にスッキリ寝れるようになったので、本当に嬉しいです!

睡眠サプリメントの活用は、薬の服用に抵抗がある人から人気です。今は複数のメーカーからそれぞれ特徴のある商品が販売されていますので、みなさん自分に合ったサプリを活用し、不眠対策されています。

ただし、睡眠サプリメントは、あくまでも栄養補助食品です。睡眠薬ではありませんので、不眠の治療というよりも、継続して飲み続けることで徐々に睡眠の質を改善していくサポートをするのが目的のものです。サポート役としての効果を十分に得るためには、自分の症状に合った睡眠サプリを選ぶことが大切となります。