HOME » レベル別 眠れないときの対処法

眠れないときの対処法

Dealing

眠りたいときに活用できる対処法は?

眠りたいのに眠れない、そんな不眠のお悩みを改善するため、様々な対処法が紹介されていることをご存じでしょうか。ここでは、そんな眠れないときの対処法を、種類別にご紹介していきます。

 

音楽の活用

睡眠を促す音楽の効果とは

眠れないときの対処法として代表的なのが、リラクゼーション効果のある音楽の活用です。自然音のBGMやクラシック・オルゴールなど単調で揺るやかなテンポの楽曲は、脳波をリラックスしていることを示すアルファ波にする効果が認められています。そのため音楽には、ストレスなどで緊張し活性化した脳をリラックスさせ、自然と眠りへと導き、質の良い睡眠がとれるようになる効果が期待できるのです。このページでは、睡眠と音楽の関係性や、おすすめの安眠CDなどをご紹介しています。

食生活の改善

食生活の改善も有効な不眠対策

あまり関連がないように思われがちですが、実はバランスのとれた食生活というのも、質の良い睡眠を取るためにはとても大事なことなのです。食事の時間や栄養のバランスなどを整えることで、眠りへと向かうために必要な、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになるとされています。このページでは、眠れないときの対処法として有効な食生活のあり方についてや、睡眠におすすめの栄養素を含んだ食品などについて、ご紹介していきます。

お茶の活用

寝る前のお茶が睡眠に良い理由

お茶を飲むとほっと一息できると感じるように、お茶には心を落ち着かせる作用があります。こうしたお茶のリラックス効果が睡眠にも有効であることから、寝る前に飲むとよく眠れることができるとされています。ただ、お茶の種類によってはカフェインが多く含まれ、寝る前に飲むのには適さないものもあります。このページでは、そうしたお茶の眠りに対する効能や注意点、また眠れないときにおすすめのお茶の種類などを、ご紹介していきます。

グッズの活用

快眠グッズで眠りの環境を整える

質の良い睡眠を取るためには、心身ともにリラックスすることが求められます。活動中から休息へ脳がスムーズに移行できるよう、快眠グッズを活用して身の回りの環境を整えてあげるのも、眠れないときの対処法として有効です。たくさんの種類がある快眠グッズは、自分に合ったものを選べる楽しさもあるため、人気が高くなっています。このページでは、そうした快眠グッズの種類やそれぞれの効果・特徴などについて、ご紹介していきます。

サプリメントの活用

サプリメントで体の中から不眠対策

私たちの体には、睡眠ホルモンというものがあります。このホルモンが多量に発生することで質の良い睡眠が得られるのですが、そのためには睡眠ホルモンを増やすために必要な栄養素を摂る必要があります。栄養素は食事でも摂ることができますが、どうしても不足になることもあります。ですので、睡眠に必要な栄養素をサプリメントで補ってあげるのが、質の良い睡眠を取るためにとても有効とされているのです。このページでは、サプリメントを活用した不眠対策についてご紹介します。

アロマの活用

自然の香り(アロマ)が眠りへと誘う

天然の植物から抽出された精油の香り(アロマ)は、心身の不調を改善する効能が示されているため、欧米ではアロマテラピー(アロマを利用した自然療法)として医療現場でも活用されています。アロマが持つ高いリラックス効果やホルモンバランスを整える効果は、睡眠にも良い影響を与えるため、不眠対策法としても利用されています。このページでは、眠りたいときの対処方法としておすすめのアロマの種類や、活用の仕方などについてご紹介していきます。

寝具の改善

心地よい寝具で心身ともにリラックス

枕が合わなくて眠れない、とよく聞くように、寝具も心地よい睡眠のためには、重要なアイテムと言えます。就寝中は心身ともにリラックスした状態であることが望まれますが、寝具が合わず体に負担がかかると熟睡はできにくいとされています。そのため、不眠対策として寝具の改善というのも、有効な対策だと言えるのです。このページでは、睡眠のために開発された寝具など、不眠対策に適したおすすめの寝具についてをご紹介していきます。

睡眠改善アプリ

スマホでできる不眠の改善方法

今や日常的に私たちの傍らにあるスマホでは、様々なお役立ちアプリが楽しめるようになっています。その中の一つとして、眠れないときの対処方法となる睡眠改善アプリもあるのです。タイマー付のものや睡眠を分析してくれるもの、音で睡眠を引き出すものなど、その種類も様々。このページでは、スマホという身近なアイテムで不眠対策ができるということで人気もある、睡眠改善アプリの種類やその特徴などについて、ご紹介していきます。

漢方で体内から眠れる身体に

不眠を改善するために、薬は一つの手ですが、睡眠薬を使うのは抵抗があると考える方は多くいるのではないでしょうか。そんな人は、一度漢方を試してみては。よく市販や病院で処方される睡眠薬は、直接「眠くなる」ことを主としています。しかし、漢方では心身の調子を整えたり、神経の昂ぶりを抑えたりと、身体の内側から眠れるための体質改善をしてくれます。このページでは、漢方の効き目と、体質別でおすすめな漢方を紹介します。

心身を落ち着かせ、ぐっすりをサポート

瞑想は身の回りの音や資格情報をシャットアウトし、脳や身体への刺激を減らすことで、心身ともに穏やかな状態を作り出します。 この瞑想を正しくおこなった身体の状態は、睡眠時とほぼ変わらないと言われています。瞑想により睡眠時と同じ状態を作り、睡眠 に移行することで、よりスムーズに入眠することができます。 瞑想というと、厳しい修行の中で行われるものを連想する方もいるかもしれませが、ここでは難しくなく、かつ眠りをサポートしてくれるものを紹介します。

気楽にツボ押しで不眠改善

マッサージをする中でポピュラーなものとして、ツボ押しがあります。人体には361個もの ツボがあると言われていますが、その中には不眠に効果的なツボも存在します。 ツボであれば、自分の手で気楽に押してマッサージすることができるので、おすすめです。 このページでは、頭・手・足にあるツボの紹介と、ツボ押しをする上でのコツや注意点を解説します。

眠れないときに避けた方が良い方法とは

眠りたいのに眠れないというのは、ストレスや疲労が体に蓄積してしまう、心身ともに不快な状態です。そのため、お悩みの方は様々な改善方法にチャレンジしていらっしゃいます。しかし、よかれと思って実行しているその方法が、もしかしたら間違っているかもしれないということをご存じでしょうか。このページでは、睡眠改善に良さそうだと思われても実は逆効果であるなど、不眠対策方法として逆効果となるおすすめできない方法についてご紹介していきます。