HOME » 眠れない人のための基礎知識

眠れない人の為の基礎知識

Knowlege

眠れない悩みを解消するために

お悩みの不眠を改善するためには、まず自分がどういった状態にあるのかを把握する必要があります。そこでここでは、不眠対策の第一ステップとして、不眠症にまつわる基礎知識についてまとめてみました。

まずは、あなたの不眠レベルをチェックしてみましょう

「なかなか眠れない」など、不眠に悩む方は大勢いらっしゃいますが、その症状の程度にはそれぞれ差があります。そこで、不眠のレベルを診断できるチェックシートをご用意しました。不眠対策を立てる前の下準備として、まず自分の不眠がどんな状態かを把握しておきましょう。

どこからが不眠症なの?

どこまで眠れないと不眠症と言えるの?

睡眠の悩みをお持ちの方は、「眠れない」ことを筆頭に、目覚めが悪い、夜何度も目が覚める、疲れが取れない、やる気が出ないなど、さまざまな症状に悩まされているようです。でも症状のレベルや出方は人によって違うので、自分の状態が不眠症と言えるのかどうか、わからないという方もきっと少なくないことでしょう。不眠症に現れる症状や、どこからが不眠症と言えるのかなどについて、色々な事例を紹介しながら解説していきます。

理想的な睡眠時間はどのくらいなの?

眠れなくてお悩みの方と同様、眠っても疲れが取れないことにお悩みの方もいらっしゃいます。睡眠時間が短くても長くても、どうして体は不調を感じてしまうのでしょうか?「快眠」と言える睡眠時間について考えてみました。どのくらい睡眠時間をとれば理想的なのか、最低どのくらいの睡眠時間が必要なのか。また、どこからが睡眠不足と感じる境界線となっているのかなど、時間から見た睡眠の基準について解説していきます。

「眠れない」「しっかり休めない」など、質の良い睡眠がとれていない場合、単に寝不足になるだけではなく、社会生活にまで悪影響を及ぼすことがわかっています。ここでは、不眠が招くリスクや弊害についてご紹介します。

  • 美容へのリスク

    肌トラブルや肥満度アップの可能性も

    睡眠不足になると血流が悪くなり、美容面では目の下にクマができたり、肌荒れを起こしやすくなるというのは良く知られる症状です。実はその他にも、肥満にも深い関連性があり、睡眠時間が短くても長すぎても肥満へのリスクが高まることが、アメリカの大学が実施した調査でわかっています。

  • 健康へのリスク

    寿命にまで影響を及ぼす危険性が

    睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れストレスが溜まりやすくなります。そのため、血圧や血糖に影響が出て、高血圧や糖尿病などを引き起こす確率が増えるとされています。また、睡眠時間が寿命そのものにも影響を与えることが、研究により報告されています。

  • 社会生活へのリスク

    集中力が低下し作業効率も低下する

    睡眠不足になると脳の疲労が取れずに、集中力や作業効率が悪くなるといわれています。日中にぼーっとしてしまったり、やる気が出ない、仕事でミスが続くなど、日常生活に及ぼす影響の数々が、不眠を抱える人たちの大きな悩みとなっています。