HOME » ケース別に解説!あるある眠れないお悩み » 嫌なことを思い出したり考え事をしてしまう
Intention is conceited

不安やストレスで眠れない

嫌なことを思い出したり考え事をして眠れなくなる症状とは

「就寝前に嫌なことを思い出して眠れない」という場合の不眠症と、うつ病との関係性についてまとめました。物理的・精神的ストレスなど考えられる原因や、早めに対処することがうつ病などの予防に繋がることを解説しています。

イメージ

不安やストレス
眠れない不眠症

Stress

嫌なことを思い出したり考え事をしてしまう

就寝前に嫌なことを思い出したり考え事をしてしまい、いつまでたっても眠れないという状態も不眠症の1つです。心配事やストレスが解消されれば自然と眠れるようになる一過性のものがほとんどですが、几帳面な人などでは「眠れないこと」自体がストレスとなってしまい、慢性化してしまうケースも見られます。
不安やストレスによる睡眠障害には、外傷後ストレス障害(PTSD)も含まれます。これは、自然災害や事故などの災禍を体験し、精神的にダメージ(トラウマ)を負った人に多く見られるもの。夜中に目が覚めてしまう、眠れない、熟睡感がない、悪夢を繰り返し見るなどの症状に悩まされるのが特徴です。
しかし、強いショックを体験した後の一時的な不眠は、PTSDの抑制に繋がるという研究もアリ。
ショック後に眠れなくなるのはトラウマを定着させないようにする生体防御反応であることが、マサチューセッツ大学の研究で明らかになっています。

イラスト

考えられる
ストレスによる不眠の原因

Cause

ストレスには、「物理的ストレス」と「精神的ストレス」の2種類があります。

物理的ストレス

暑さや寒さ・騒音・疲労・痒みや痛みなど、人が生活する上で感じるストレス。物理的ストレスから精神的ストレスに繋がる可能性も高いので、生活しやすいと思える環境を整えることが大切です。

精神的ストレス

親しい人との死別・離婚・病気・災害・失業・人間関係の悩みなど、「嫌だなぁ」と感じるものが精神的ストレス。不安や辛さを感じる環境に長期間さらされると身体が拒否反応を起こし、さまざまな症状の引き金となります。

どちらも一過性のものであれば自然と不眠症は改善されますが、慢性化してしまうと予期せぬ病気を引き起こす恐れもあります。ストレスによる異変に気づいたら、早めに適切な対処をするようにしましょう。

!

ストレスによる不眠の影響

Infruence

ストレスで眠れないとどんな影響が出る?

夜間に睡眠を十分に取れないと自律神経のバランスが崩れ、さまざまな影響が出始めます。

とっさの判断ができなくなる

集中力が続かない

免疫力の低下

疲れやすくなる、ヤル気が起きない

便秘・下痢・胃痛

多くの調査の結果から見ると、不眠症の人は一般的な人よりも交通事故を起こす確率が2~3倍も高いことが分かっています。重大な事故を防ぐためにも、「たかが睡眠」とあなどることなく、しっかりとした対策を取っていく必要があるのです。

また、長期間のストレスや不眠が続くとうつ病・不安障害・統合失調症などの精神疾患に繋がる恐れもあります。こうなると専門医による治療が不可欠となるので、その前に自分でできる改善法を取り入れましょう。