Supplement

快眠サプリ

朝の目覚めの疲労感の軽減に

睡眠サプリ「快眠サプリ」は、朝目覚めた時の疲労感を軽減する効果が期待できる商品です。ここでは、テアニンを配合した「快眠サプリ」の特徴や、実際に使用された方の口コミ評価をご紹介していきます。

サプリのデータ

起床時の疲労感を軽減する効果が期待できるアミノ酸「テアニン」を配合し、スッキリとした朝の目覚めへと導いていく「快眠サプリ」の詳細についてご紹介していきます。

 
商品名快眠サプリ
販売元
(メーカー名)
オリヒロ
価格
オープン
価格
1,382
容量
21g(1.5g×14本)
配合
成分
  • マルチトール

  • でん粉

  • ラフマ抽出物

  • y-アミノ酪酸/ソルビトール

  • テアニン

  • 香料

公式サイト
health.orihiro.com
 

快眠サプリの口コミは?

起床時の疲労感を軽減するオリヒロの「快眠サプリ」について、実際に使用された方の口コミ評価をいくつか集めました。睡眠サプリ選びの参考に、ぜひご活用ください。

頭の緊張が取れ、眠れるようになった

お悩みよく眠れず仕事に支障が出ることも30代

最近ずっとよく眠れず、このままでは仕事に支障が出てしまう可能性もあったので購入しました。スティック状の顆粒タイプで飲みやすく、そのまま朝までぐっすり眠ることができました。サプリを飲むことで頭の緊張が和らいで、眠れるようになったと感じています。自分的には即効性も感じられ、飲み続けなくても眠ることができるサプリとして、オススメできると思います。

日中も眠気が取れず、効き過ぎたような…

お悩み寝付きが悪く不眠症気味になっている40代

ここ最近ずっと寝付きが悪く、不眠症気味になっているのが悩みでした。そこで、少しでも改善できればとこちらの商品を試してみたのですが、私には効き過ぎてしまったようです。リラックスするのは良いけれど、日中も眠気が取れずにぼーっとしてしまう感じになってしまいました。サプリメントとしては優秀なのだと思いますが、就寝時間より早めに飲んでも翌日眠気が取れなかったので、どうしようかと思っています。

寝起きの不快感が軽減していると思います

お悩み寝起きが悪い20代

寝起きが悪く朝スッキリ起きられないのが悩みで、こちらのサプリメントを試してみることにしました。爽やかな風味付けがしてあって、とても飲みやすい顆粒のサプリですが、効果にはどうも時差があるように思えます。1回では効果が感じられず、2回目以降の服用から徐々に効果を感じるようになりました。全部スッキリしたというわけではありませんが、以前よりは寝起きの不快感が軽減していると思います。

爽やかな目覚めを期待できるサプリです

お悩みスッキリと目覚められない30代

目覚めがあまり良い方ではなかったので、爽やかに目覚められたら良いなと思い「快眠サプリ」を飲み始めました。薬とは違ってサプリメントなので、依存性もなく安心して普段使いができます。効果としては、心持ち目覚めの気分が良くなったかな、という感じです。ですので、本当に重度の不眠で困っている方は、サプリではなくお医者さんに睡眠導入剤を処方してもらった方が良いかもしれません。

寝付きが良くなったような気がします

お悩み寝付きが悪く安眠できない20代

寝付きが悪いのが悩みで、他の石油から精製された成分配合の睡眠サプリを飲んでいましたが、テアニンの方が体に良さそうだったのでこちらに変えました。レモン風味の柔らかな酸味があって、飲みやすく後味もさっぱりしています。もちろん、あくまでもサプリメントなので、これだけで安眠を確保するのは難しいですが、個人的には寝付きが良くなったような気がしているので、続けてみようと思っています。

おすすめPOINT

テアニン200㎎配合で、目覚めの疲労感を軽減

「快眠サプリ」には、1本あたり200㎎の「テアニン」が配合されています。高級茶などに含まれるアミノ酸の一種「テアニン」には、脳の興奮を静め寝付きをよくする効果が期待できます。そのため、翌朝の疲労感が軽減される結果へと繋がります。

「快眠サプリ」は、顆粒タイプのサプリメントです。水なしでもおいしく飲めるようにレモン風味となっていて、錠剤を飲むのが苦手という方でも手軽に飲んでいただけるようになっています。

主成分であるテアニンの他にも、ラフマ・GABAといったリラックス効果が期待できる成分も配合されています。この2つの成分がテアニンと共に、仕事などで緊張した脳をリラックスさせ、寝付きの悪さを改善し翌朝の目覚めの疲労感を軽減させる役割を担っています。

そのほかの特徴

効果を得るには食事や生活習慣の見直しも大事です

「快眠サプリ」は機能性表示食品ですので、効果をより正しく得るためには、目安量を守ったサプリの摂取と共にバランスの良い食事や生活習慣の見直しなどを行うことが大事になります。また、お薬ではありませんが飲み合わせの関係から、降圧剤や興奮剤をご利用の際は、必ず医師に服用を相談してください。持病などで服用しているお薬がある場合も、飲み合わせの問題が無いか医師や薬剤師に相談するのがオススメです。水なしでも飲むことができますが、顆粒ですからのどに詰まらせないように気をつけましょう。