Insomnia

寝付きが悪くて眠れない

布団に30分以上入っていても眠れない「入眠困難」

「寝つきがわるく、布団に入ってから30分以上眠れない」状態、いわゆる入眠困難の原因についてまとめました。ストレスや生活習慣の乱れが睡眠に及ぼす影響や、眠れないことで発生する心身の変化についてもチェックして。

イメージ

「眠りたくても眠れない」
入眠困難の原因

Insomnia

布団に入ってもなかなか眠れない

寝つきが悪く、30分以上経っても眠れない状態を「入眠困難」と言います。不眠症の症状としてかなり多くの人に見られるもので、比較的若い人に見られる症状です。
入眠困難の場合、布団やベッドに入ってから眠りにつくまで30分以上~数時間かかることがほとんど。
以下のような状態が見られる場合は、ほぼ入眠困難であると思ってよいでしょう。

布団やベッドに入った後にあれこれ考えて頭が冴えてしまう

このような状態が数週間~1ヵ月以上続いている

寝つけず、つい何回も時計を確認してしまう

ただし、寝つくまで時間はかかりますが、一度寝てしまえば朝までしっかりと眠れるケースも多く見られます。

イラスト

考えられる入眠困難の原因

Cause

入眠困難は、精神的ストレス・悩み・不安などで身体が緊張状態にあると起こりやすくなります(精神生理性不眠症)。代表的な原因は以下の通り。

生活環境の変化(引っ越し・就職・転勤・結婚など)

就職活動・受験などに対するストレス

経済的な不安

仕事や職場の人間関係に関する悩み

恋愛・結婚への不安や悩み

スムーズに眠りに入るには、リラックスを司る副交感神経が優位になる必要があります。しかし、ストレスや悩みで身体が緊張・興奮していると交感神経が優位になってしまい、なかなか眠れなくなってしまうのです。
さらに「眠れない」という事実がさらにストレスとなり、余計に眠りづらくなるのが特徴。『早く寝なくちゃ』『明日も早いのに』などという焦りや不安が症状を悪化させ、悪循環に陥ってしまいます。
この他にも、睡眠ホルモンの一種であるメラトニンの分泌不足・昼寝や仮眠の取りすぎ・PCやスマホなどの強い光も入眠困難の原因の1つです。

!

入眠困難が及ぼす影響

Infruence

入眠困難でどんな影響が出る?

眠りたくても眠れないという不眠の悪循環に陥ってしまうと、身体だけでなく精神的も疲弊してしまい、日常生活にさまざまな支障が現れます。。

イライラしやすくなる

人と話すのが億劫・人に会いたくない

集中力が長続きしない

記憶力の低下が見られる

物事の説明がうまくできない

話し方がゆっくりになったと言われる

髪型・服装などの身だしなみが整えられない

外出・買い物などに行けなくなる

以上のような症状が複数現れると、以前とはまるで別人のようだと言われることも。さらに悪化するとうつ病などの精神的疾患を引き起こす可能性もあるため、油断は禁物です。
毎日のように眠れない状態が続いている方は、健康的な身体と精神のためにも、できるだけ早急な改善・対応が必要となります。