眠れない人のための駆け込みサイト_HOME » 睡眠に関する豆知識 » 運動をすると睡眠困難になりにくい理由とは

運動と睡眠の関係について

Tips

定期的な運動は睡眠困難を改善する

定期的に運動をしている人ほど、睡眠困難になりにくい傾向があるという話は有名です。こちらでは、運動がどのように睡眠に影響を及ぼしているのかについてご紹介しています。

定期的な運動で睡眠の質が向上する

運動と睡眠の関係性について調査した結果を見ると、定期的に運動を行っている方の睡眠には、次のような特徴があると報告されています。

  • ・睡眠時間が短い
  • ・睡眠剤の使用頻度が低い
  • ・睡眠困難などの睡眠障害を感じていない

これらの特徴を総合的に見てみると、定期的な運動をしている方は、短時間で上質な睡眠が取れており、スムーズに眠りに就くことが出来ると考えられるでしょう。

運動で睡眠の質が向上する理由とは

運動をすることと睡眠の質が向上する関係性については、運動とストレスが関係しているのではないかと考えられています。

運動によって精神的ストレスが軽減

ストレスは睡眠障害の大きな原因のひとつ。運動はストレス発散に効果的だとされ、体を動かすことによって眠りを妨げるストレスが無くなるため、質の高い睡眠が取れるようになるという考えです。ですが、アメリカの研究によると、不安と睡眠には関連性がないという結果も出ているため、100%確実な理由であるとは言えないでしょう。

ストレスのない日に運動をしている

逆転の発想で、運動をするということは時間に余裕があり、ストレスの少ない状態である、という考えもあります。つまり、運動を定期的に行える方は、時間にゆとりを持って生活をしているので、睡眠障害の原因であるストレスが溜まりにくいということです。

その他の睡眠に効果的な習慣がある

運動をしている方は健康に気を遣っていると考えられるので、その他の健康的な習慣を持っているのではないかという考えです。運動以外の習慣によって、睡眠の質が高まっているということは十分にあり得ます。

統計的に運動は睡眠を改善する

睡眠と運動の関係性は明らかになっていませんが、統計を見ると、運動を行っている方の方が質の高い睡眠を取ることが出来ているのは明らかです。睡眠のためには、軽い有酸素運動を30分程度行うのが効果的だとされるので、軽い運動を取り入れてみるのもひとつの方法でしょう。