知っておきたい睡眠サプリの
メリットとデメリット

睡眠サプリを使う際のメリット・デメリットとは?

毎日の睡眠をサポートする睡眠サプリ。即効性はないものの、長期的に服用することで不眠の根本的な克服を目指します。そんな睡眠サプリのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

睡眠サプリのメリットは?

merit

副作用のリスクはほとんどない

睡眠サプリは薬ではありません。含有されている成分は、天然由来の体にやさしいものが大半。もちろん副作用もないので、基本的にはどのような方でも安心して摂ることができます。高齢者や小さなお子様、妊娠中や授乳中のママでも安心して摂取できる商品もあるほどです。 健康への不安が一切なく、安心して毎日飲み続けられる点は、睡眠薬とは違った睡眠サプリの大きなメリットでしょう。

自分に合った商品を選ぶことができる

睡眠薬の場合は、担当医から処方される薬のみを服用するしかありません。しかし睡眠サプリの場合は、数多くある商品の中から自分に合ったものを選ぶことができます。配合成分や値段はもちろんですが、錠剤タイプや粉末タイプなど、サプリの形状まで自分好みにすることができます。

サプリの効果は、長期的に飲み続けなければ実感できるものではありません。長期的な習慣にするためには、「自分に合っている」という直感的要素も大事になってきます。

睡眠薬とは違って気軽に購入・摂取できる

睡眠薬を入手する場合は、必ず病院やクリニックを経由しなければなりません。 一方で睡眠サプリは、通販やドラッグストアなどで手軽に購入できます。この手軽さ、気軽さも睡眠サプリのメリットと言えるでしょう。

睡眠以外の様々な効果が期待できる

多くの睡眠サプリには、睡眠を誘導したり睡眠の質を高めたりする成分の他にも、様々な効果が期待できる成分が豊富に含まれています。美容効果や健康効果の高いビタミンやミネラルを始め、乳酸菌やクロレラまで配合した商品も見られます。睡眠以外にも様々な効果を期待できる点が、睡眠サプリのメリットの一つと言えます。

睡眠サプリのデメリットは?

demerit

睡眠薬とは違い即効性がない

睡眠サプリは薬ではないため、即効性を期待することはできません。睡眠薬の場合は、服用した当日から効果を実感できますが、睡眠サプリの場合は、毎日飲み続けていると徐々に効果を感じてくる、といった流れになります。「今夜はどうしても熟睡しなければならない」という事情のある人が今夜だけ睡眠サプリを飲んでも、効果は得られません。

睡眠効果には個人差がある

睡眠サプリの効果には、個人差があります。高い睡眠効果を実感できる人もいれば、あまり睡眠効果を実感できない人もいるでしょう。あるいは、比較的短期間で効果を実感できる人もいれば、効果を実感するまでに長い期間を要する人もいます。 成分が体質に合っているかどうかで効果に個人差が現れる点は、薬もサプリも同様です。

まったく効果を実感できない人もいる

残念ながら、睡眠サプリを飲んでも睡眠効果をまったく実感できない人もいます。そのような人の場合、成分と体質との相性という問題よりも、むしろ治療が必要なほどの重度の不眠症の恐れがあります。うつ病などの可能性も否定できないため、睡眠サプリではなくて病院での治療を優先すべきでしょう。

体質改善から不眠を克服したい人には睡眠サプリがおすすめ!

以上のように、睡眠サプリにはメリットもデメリットもあります。毎日安心して飲み続けられるというメリットと、即効性がないというデメリットはしっかり押さえておいてください。 長期的に摂取することで体質を改善させ、根本的に不眠症を解消したい人には、ぜひ睡眠サプリをおすすめします。