眠れない人のための駆け込みサイト_HOME » 睡眠の関連情報 » 女性の睡眠とホルモンとの関係

女性の睡眠とホルモンの関係性

Hormone

女性はホルモンの分泌量のバランスが変化することで、男性よりも体調や睡眠に関する様々な悩みを抱えやすいと言われています。

女性と
ホルモンとの関係

Hormone
check!

女性の体はホルモンによって支配されている?

女性の一生は、体の成長に併せて変動する内分泌環境の影響を無視できません。 実際、思春期になると女性ホルモンの分泌量が急激に増加し、月経が開始されます。妊娠によってホルモンバランスが一気に変わり、つわりに悩む女性も多いでしょう。
40歳頃から卵巣機能の低下と共に女性ホルモンも減少を始め、40代半ばから50代半ばの更年期を越えれば、やがて月経が終わり閉経を迎えます。
そして閉経後はさらに女性ホルモンの分泌量が減少します。

女性の睡眠障害の原因は?

Cause
  • ・月経前睡眠障害
  • ・妊娠中睡眠障害
  • ・産後の睡眠障害
  • ・更年期の睡眠障害

女性ホルモンと睡眠の関係

例えば、女性の体は月経周期の真ん中頃(黄体期)になると、ホルモンの作用で体温を底上げします。そしてこれによって昼間や夜間の体温変化のリズムが狂い、睡眠リズムも崩れてしまいます。 一方、妊娠前期には常に眠気を感じたり、妊娠後期には成長した胎児による物理的な負担のせいで眠れなかったりと、睡眠の質が変化することもあるでしょう。
産後は急激な体内環境の変化に加え、育児ストレスがさらに状況を悪化させるかも知れません。更年期も同様に、ホルモンバランスの変化に体が追い付かず、睡眠トラブルに悩む女性が増えます。

女性へのケアがホルモンケアにつながる

男性はしばしば女性の生理作用やホルモンバランスに関して無頓着で、特別なケアの必要性を認識している人の割合も十分でないでしょう。また、妊娠経験のない女性では、妊婦の悩みに気付きにくい可能性もあります。
社会全体に良質な睡眠習慣を根付かせる為には、人々が互いに理解し合い、サポートし合える環境作りや意識改革が大切です。

参照元

Reference

バイオメカニズム学会誌 Vol29,No.4, 2005年 「女性の睡眠とホルモン」[pdf]