眠れない人のための駆け込みサイト_HOME » 睡眠の関連情報 » 日光浴で高齢者の睡眠障害を改善

朝日を浴びると高齢者の睡眠障害が改善?!

Sunbathing

日光浴によって体内時計がリセットされて、睡眠障害に悩む高齢者の睡眠リズムが改善するかも知れないという可能性が示唆されました。

高齢者ほど
睡眠障害は大きな問題

Elderly

高齢者の中には、不眠や不規則な睡眠リズムなどの睡眠障害を抱える人も多く、またそれらによって心身に様々な不調を感じている割合も高いとされています。 そこで、睡眠障害による高齢者の体調不良や精神疾患のリスクを下げる為に、薬によって睡眠時間の確保が図られることも少なくないでしょう。 しかし、ただでさえ既に色々な薬を日常的に服用している場合も多い高齢者にとって、薬物療法に頼らず、自然な方法で睡眠の問題を改善できるとすれば、それがベストに違いありません。

太陽の光と睡眠の関係

Sunshine

昼と夜とで繰り返される人の睡眠のリズムは、地球の自転周期(24時間)とリンクしていると言えます。また人の体には、その24時間を計る体内時計が備わっています。 しかし体内時計は様々な理由から、誤差を生じさせることが少なくありません。
そこで、ずれてしまった体内時計を調整して、睡眠のリズムと地球の自転周期を再び同期させる必要があります。 そして、その調整役として最も重要な働きをするものが、宇宙から降り注ぐ太陽の光であると言われています。

太陽の光を目で感じることが大事

Visually

日光浴と聞くと、良く晴れた日に外へ出かけ、太陽の光を全身に浴びることをイメージする人も多いでしょう。 しかし日光浴はかならずしも屋外でやるものとは限りません。
体内時計のリセットには、朝日の光を目で感じることが重要だと言われています。だとすれば、仮に寝たきりの高齢者であっても、窓の近くにベッドを配置したり、日当たりの良い部屋に移動したりすることで、太陽の光をより感じられるようになります。 毎朝、太陽の光を見ることで睡眠リズムが改善され、日中の表情や活動にも良い影響がもたらされたという高齢者は少なくありません。
もちろん、睡眠の質に関係する要因は様々です。とは言え、ただ朝日を見るだけで睡眠障害が少しでも改善するかも知れない可能性は、高齢者の生活の質を考える上でとても有意義なものでしょう。

参照元

Reference

日農医誌 54巻5号, 2006年1月 「高齢者の睡眠覚醒リズム障害への援助」[pdf]